2022 11/9 更新!!

Omote Aokid.jpg

新作ソロ公演概要

 

 

 Aokid New Work『ポータブル Port A Blue』

Aokidの新作発表です。

元々オフィスだった空間に美術や椅子が並べられ、開演時間になるとパフォーマンスが始まります。

移動や距離感の制限や規制の線がひかれ未だ難しい状況が続きますが2020、2021、2022と少しずつアイディアや関わり方に変化が出てきていると思います。

覚えているはずの想像力の奥行きやアクションの引き出しを再度確認するように今一度動いていきます。

 

 


 

スケジュール

 12/4(日) ①15:00~ ②19:00~※アフタートーク

 12/5(月) ③15:00~ ④19:00~
 上演時間はそれぞれ55分くらいを予定しています。

 開場、受付時間は各回20分前より開始。

 ※上演後、雨宮庸介さん(アーティスト)とのゲストトークを30分予定しています。

 
 バリアフリー対応:未就学児の入場も可。
 マンションの一角のスペースにありますが歩道と直結しています。車いすでお越しの際はスタッフが対応させてい

 ただきます、ご来場の方は予約フォーム備考欄にその旨をご記載ください。


 

チケット

 予約 2500円

 当日 3000円

 22歳以下 2000円

 予約方法:こちらの予約フォームから入力ください。
 https://forms.gle/AuTRwm8puB9VNgRz5

 問い合わせ:info.aokid.solo@gmail.com
 

 振付、美術、出演:Aokid

 制作:萩谷早枝子

 制作協力:元行まみ

 運営補助:石川朝日

 記録撮影:石原新一郎

 協力:Contrail、STスポット

 主催:Aokid

 

会場:Contrail(横浜市都筑区中川中央1-21-16-101)

 

横浜市営地下鉄のセンター北駅下車徒歩5分

 

改札口を出て25m程直進。右から振り返ると後ろに大エスカレーターがあるので地上階まで降りる。まっすぐ進むと左手にコンビニ。

そこを左折して通りに出たら横断歩道を渡り右に進む。四つ角を渡りさらに直進すると左手にマンションの入り口。

その右側の大きなガラスの扉が入り口です。

トークゲスト
​雨宮庸介
1975年茨城県生まれ。東京/山梨在住。Sandberg Institute(アムステルダム)修士課程修了。
彫刻、インスタレーション、パフォーマンス、など多岐にわたるメディウムによって作品を制作。

「六本木クロッシング2010展:芸術は可能か?」(森美術館)、「Wiesbaden Biennnale」 (ヴィースバーデン市内各所)、「DOMANI ・明日展」(国立新美術館、2018)等では長期にわたる会期の全開館時間に在廊し、パフォーマンスを行なった。「国東半島芸術祭」(2014年)への参加を機に2014-3314年のプロジェクト「1300年持ち歩かれた、なんでもない石」http://ishimochi.com/ を開始。
近年ではReborn Art Festival2021-22で発表された映像インスタレーション「石巻13分」が話題となった。
リンゴや石や人間などのありふれたモチーフを扱いながら、超絶技巧や独自の話法などにより、いつのまにか違う位相にふれてしまう体験や、認識のアクセルとブレーキを同時に踏み込むような体験を提供する―それらの作品を通じて「現代」と「美術」について再考をうながすような作品を制作している。

export 54.PNG