Artist Statement

My motif that comes out in making a solo dance is a man with cheerful character that seems to appear in comics. A guitar and blue seat appear. Using them, dancing body is criticized for moving to the body that treats body and objects that perform music. It’s in the sketchbook that these tools collect meaning on symbolic side. Many of these drawings that unfold are the images that dance and exercise continue in the picture.The plan and design to be built in it are in relation is reduced again in the dance. At present, I’m going to go through the events of guerrilla performance events in public park and people gathering for doing art and performance. It proposes not only the body and thought but also state that the body and thought of the person who gathered there aren’t the unit of one at a time, and goes between the individual and the aggregation. Wide range of activities and collaborations is the approach to the liberal arts in rooted Japan, and to seek out communication and platforms. I would state it’s also considered one of the attitudes to propose a new form of city.

ソロダンスを作る際に出てくるモチーフはマンガやコミックに出てきそうな快活なキャラクター性を持った男で、その作品の中にギターやブルーシート、鉢巻などが登場する。 それらを用いりダンスする身体が音楽を行う体や物体を扱う体へと移行していく状態を意識的に扱う。また道具が記号的な側面において意味を回収されるのは日々持ち歩くスケッチブックの中であり、その中で展開する数々のドローイングは絵の中でも踊りや運動が続くイメージを意味し、そこで建てられる計画や設計は現実で踊る中でまた還元されていく関係にある。 現在、公園などでのゲリラパフォーマンスイベントや人が集まってアートやパフォーマンスを経験していくイベントの企画を重ねていくことで、自身の身体や思考だけでなくそこに集まった人の身体や思考が時に1つずつの単位ではなくなっていく状態も提案をしていき、個人と集合を行き来をする。 多義に渡った活動や、周りとの協働を通して行うことは改めて中々根付くことのない日本でのリベラルアーツへのアプローチであったり、コミニュケーション、プラットフォームを提案し、協働することで都市や街の新しい形を提案していく態度の1つと考えている。

Biography

1988 born in Tokyo.

I started breakdance in 14years old.

2010 Graduated from TokyoZokeiUniversity Film Course.

2016 Aokid×TakumiHashimoto『FreeFree』(20min) YokohamaDanceCollection2016JuryPrize.

Exhibition

2014 グループ展『いつも以上にHappy life』@中野ZERO展示ギャラリー

2016 個展『僕は"偶然のダンス"の上映される街に住んでいる。』@ガーディアンガーデン

2016 グループ展『Power To The People』@earth+gallery

2016 個展『Hello,Yellow. Hi,Red. I’m White. You’re Blue』@ヨロコビto

2017 イベント『あそびなおす』​@旧幸町保育園(松本市)参加

2017 個展『Aokid city meets Musashino Place.』@武蔵野プレイス

2017 鉄工島FES 

2017 TokyoCanalLinks#1『根をもつことと翼をもつこと』@TENNOZ Cnal East

2018 アートフェア『蒐集衆商』@青山スパイラル

2018  『OVER the rain boy』in アッセンブリッジ・ナゴヤ

2018  『HUMAN/human/ヒューマン』in "にんげんレストラン"by Chim↑Pom

2019 個展『踊ったあとの風景』@ヨロコビto

2019 個展『思いつきと軽い月』@芸宿103(金沢)

2019 グループ展『STAYTUNE/D』@無量(富山)

2020 グループ展『遠い時間、近い時間-Aokid、加藤立、小林エリカ』@AL 

 

Performance:Dance:Theater Works

2009  Aokid Solo Dance『下手くそロック、むずむず期』(10min)@RAFT

2010  Aokid Solo Dance『my gum in your face,少し』(10min)@こまばアゴラ劇場

2013  Aokid×たかくらかずき 『Aokid vs たかくらかずき』(20min)@こまばアゴラ劇場

2014  Aokid×橋本匠『フリフリ』(20min)@STスポット

2015  Aokid×橋本匠『HUMAN/human』(45min)@STスポット

2017  Aokid Solo『I ALL YOU WORLD PLAY』(65min)@STスポット

2017  Aokid×額田大志『SONG OF RIVER AND WIDE HEAVY』(20min)@STスポット

2018  Aokid×橋本匠『We are son of sun!』(70min)@象の鼻テラス

2018       篠田千明×Aokid『Tiger,Tiger (in Bangkok BIENNIAL) 』

2018       TalkingKidsHi5『BABY BABY,THIS UNBELIEVABLE LOVE』@TheCAVE

2019 Aokid Solo Dance『地球自由!』(70min)@STスポット